新着情報NEWS

2020.08.01

酢の効能 その2

 記録的な大雨が続きましたが、皆様いかがお過ごしでしたか? 

 先月に引き続き話題はお酢です。

 酢を使ったレシピにはたくさんありますが、(マリネ セビーチェ カルパッチョ等)

皆さんその違いについて疑問に思ったことは無いでしょうか?その疑問を解決した後、詳しいレシピをおひとつだけ紹介したいと思います。

 

マリネ」とは、ニシンやスモークサーモン、エビ、タコなどの魚介類、肉、野菜などを、

ワインや酢、油、レモン汁、香味野菜、香辛料、調味料を入れて作る漬け液に浸す調理法を指します(またその料理のこと)

上記した南米発祥の「セビーチェ」和食の「酢の物」「なます」「南蛮漬け」も漬け液に浸す意味では「マリネ」といえるでしょう

カルパッチョ」とは、薄切りにした牛ヒレなどの生肉に、チーズやマヨネーズソースなどの調味料をかけたイタリア発祥の料理です。

牛ヒレ肉の代わりにマグロやカツオ、サケなどの魚介類の刺身を使用した、和風の「カルパッチョ」は、

日本で(落合シェフが考案)アレンジされた料理ですが、近年は本国のイタリアをはじめ海外でも定着してきています。

新宮ネットさんのページより抜粋

 

ガスパチョ(スペインの冷製スープ)

※スペインの方のレシピを探して記載いたしました。好みで調整してくださいね。

3人分

トマト 500g

ピーマン 半分

きゅうり 1本

エクストラバージンオリーブオイル 25ml

パン 25g

お水125ml

塩2.5g

お酢 15ml

ミキサーに皮を剥いたトマトときゅうり、ピーマンと水に浸して柔らかくしたパン

(フランスパンが一般的ですが、食パンでもおいしく出来ます)を軽く絞っていれます。

調味料とお水を入れてよくミキシングすれば、美味しいGASPACHOの出来上がりです。

パンを入れることによって少しドロッとした口当たりになります。飲む直前に氷やお水で調整すると良いと思います。

 発祥のアンダルシア地方では上記のようなレシピですが、他の地域では好んでニンニクを加える方が多いようですね。

夏バテに最適な組み合わせですので、是非試してみてはいかがでしょうか?

 では、また来月元気にお会いしましょう。

 

新着情報一覧