新着情報NEWS

2020.07.01

  • 定期便

お酢の効能

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

夏バテなどしていませんか?

今回は夏に摂る良いといわれる”お酢”についてお話します。

 

お酢の定義

酢酸(3-5%)を主成分とする酸味調味料で、発酵食品です。

 

お酢の効能

1. 食欲増進(唾液や胃液の分泌が促され、消化吸収を高めます)

2. 疲労回復(有機酸は、疲労物質である体内に溜まった乳酸の蓄積を防いで、疲 

       労回復に効果を発揮します)

3. ダイエット(蓄積しやすい脂肪を分解してくれるため、肥満防止に有効に働き

        ます)

4. 防腐効果(酢の成分である「酢酸」が、細菌の増殖を抑えるため、酢を使うこ

       とは食べ物の防腐効果を高めることができます)

 

注意点

お酢は良い効果が沢山ありますが、取りすぎると反対に体調を損ねるので、注意が必要です。

 

1.貧血(適量だと血液をサラサラにしてくれる酢も、とりすぎると赤血球を破壊し、

    貧血につながります。)

2.胃腸の荒れ(強酸性の胃液に酸性酢が流れ込み、過刺激になることがあります)

3.歯の表面にダメージ(酸味によって歯の表面が溶け、酸蝕歯になります)

4.体の冷え(貧血と同様に体をサラサラにして、血液の巡りもよくしますが体を内

      蔵から冷やすので、冷え性の方は注意が必要です。)

 

適正量

1日 大匙1杯程度(約15ml)です。

量を守って、夏をさわやかに過ごしましょう!!

次回は酢を使ったレシピをいくつか紹介したいと思います。

新着情報一覧