新着情報NEWS

2020.04.01

  • 定期便

お手洗いに行きたい 英語編

皆さんこんにちは!!

 

先月の宣言通り、英語でお手洗いに行きたい旨をどう伝えるのか見ていきましょう。

 

➀I want to go to the bathroom.

トイレに行きたいです。

便意があること/あったことを伝えるためのベーシックなフレーズ。

 

I am going to go to the bathroom.

トイレに行ってくるよ。

トイレに行くことを知らせるときに使える英語表現です。

 

May I use the bathroom?

トイレを借りてもよろしいですか。

他人のお宅にお邪魔して、トイレに行きたいときに使える英語フレーズです。「許可(~してもいい)」と表す”may”で尋ねましょう。

しかし、注意してほしいのが”borrow”ではなく”use”を使う点。”borrow”は、物理的なものの移動が伴うときに用いられる単語です。

トイレは、設置してある場所から動くことはありませんよね。

日本語では「借りる」と表現しますが、英語だと「使う」という意味の”use”を用いるのが正解です。

 

③May I go to the bathroom?

トイレに行ってもいいですか?

授業中や打合せ中など、席を立つために他人から許可を得なければならない場合に使えます。

 

I have to pee!

おしっこしたい!

仲の良い友達などに対して使えるフレーズです。日本語から推測されるように、子どももよく使います。”pee”とは名詞で「小便」という意味ですが、動詞で「小便をする」という意味にもなります。

  

「トイレに行きたい」の婉曲表現

 

Excuse me for a moment.

ちょっと失礼します。

「トイレ」という単語を避けたい場合に便利な英語のフレーズです。また、人とのお話中に電話を取る際などにも使えます!

 

②Where is a lavatory?

お手洗いはどちらでしょうか。

ホテルでのパーティや高級なレストランなどのフォーマルな場では、フランクな表現を避けて”lavatory”という単語を使いましょう。

 

さて、いかがでしたか?今現在旅行は難しい状況ですが、

生理現象は止められませんので、どうしても使う頻度の多いフレーズになってきます。

旅行ができる状態になった時のために是非おさらいしておいてくださいね。

 

 

※myスキ英語さんのページを参考にさせていただきました。

 

 

新着情報一覧